【はじめに】


ミニチュアダックスのシルバーダップル「バンビ」のママのシカヨといいます。

バンビは14歳だけど、とっても元気。


ごはんよりおやつばかりをねだるので、ママはちょっと困ってます。 

2006_1224bannbi20013


【滋賀県のビワドッグ!】


スクリーンショット 2018-08-07 12.26.31
(出典:ホテルビワドッグ、
https://www.biwadog.co.jp:444


バンビとバンビママ、そしてパパと三人で、滋賀県の「ビワドッグ」へ一泊旅行をしました。

ビワドッグは琵琶湖の近くにあって愛犬と一緒に泊まれるとてもきれいなホテルです。


前にも一度行ったことがあるのですが、車でホテルの近くまで行くと、
まだ建物は見えていないのにバンビが「早く早く~!」とでもいうように鳴きだしたので驚きました。



駐車場に着くと、ホテルの従業員さんが車まで出迎えに来て、荷物をカートへ載せて運んでくれます。

バンビがホテルの近くまできたら興奮して鳴きだしたと伝えると、従業員さんも「憶えてくれてたんですね~!」ととても嬉しそうでした。


ビワドッグでは、到着後すぐに飼い主と愛犬とで記念写真を撮ってくれます。

犬はちょこちょこ動くので難しいと思うのですが、コツをつかんでいるのか、綺麗に撮ってくださいますよ。

ドッグランもあるので、わんちゃんたちは伸び伸びと駆けまわれます。


お部屋もとても清潔で使いやすく、窓から琵琶湖が見渡せて癒されます。



それから、普通のホテルはベッドの上にペットをのせるのは禁止されていますよね。


でも、ここでは、一緒に寝てもいいのです!


ただ、粗相には気を付けてくださいね。



夕食も、レストランへわんちゃんを一緒に連れていけて、
犬用カートも備え付けられているため、ゆっくり食事を楽しむことができました。

カートの効果もあってか、喧嘩をするわんちゃんは一匹もいなかったです。

予約すれば犬用の食事もあります。


「中々、わんちゃんは野菜を食べてくれないですよね」「お肉と混ぜると食べるかな?」など、従業員さんとの会話も弾みました。





【愛犬との旅行での注意点や反省点は?】


バンビは、初めてビワドッグへ泊まった時、興奮してベッドのかけ布団の上に掛けてある長細い布(ベッドスロー)に粗相してしまいました。


お部屋に案内してもらってすぐだったので、人間もバタバタするし油断していましたが、
早目におむつをしておいた方がよかったと反省しました。


おむつは取れやすいし、もこもこして可哀想な気もしますが、
ホテルの備品を汚すとクリーニング代もかかってしまうし、
飼い主の印象も悪くなりますので、用心するに越したことはないと思います。



それと、サービスの犬用おやつが部屋に用意されていますが(人間のおやつはないので、ちょっと犬が羨ましくなりました)、
そのようなアメニティは心配だという人は持参した方がいいと思いました。



【おわりに】


2007_0502bannbi20008

ビワドッグは、「ワンランク上のドッグリゾート」ということで、従業員さんが愛犬をとても丁重に扱ってくれます。

愛犬を大切にしてもらえると、飼い主も嬉しくなりますよね。


犬が番犬だった時代から、家族の一員への時代へと変化し、それに伴って、ペット同伴ホテルの需要が高まってきました。

ビワドッグのような、犬も人間も楽しめる素敵なホテルが、全国にもっとたくさんできることを期待しています。




 
⬇︎愛犬と旅行を楽しもう!ホテルや飛行機をまとめて予約できる『楽天トラベル』をチェック!⬇︎ 

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル


⬇︎少しでもお得に航空券を取りたい方は『さくらトラベル』をチェック!⬇︎

国内格安航空券を一括比較!